So-net無料ブログ作成

景徳鎮 青花蓮枝花高足蓋付碗 F8-64 黄 雲鵬 作 [景徳鎮インテリア]

ブランド: 景徳鎮
シリーズ: 現代
サイズ: 碗口径8cm、高さ19cm


中国における陶磁器彫刻を代表する作家、「黄 雲鵬」氏による作品です。
「黄 雲鵬氏略歴」
古代中国陶磁器研究の一員でもある黄氏は、現代における景徳鎮作家を代表する人物で、陶芸ファンから注目されている作家です。
・1942年 中国江西にて生まれる
・1966年 中国景徳鎮陶瓷学院美術学部卒業
・1981年 青・白磁の研究を重ね、古来の元・明時代などの伝統的な陶磁器の復刻に成功し、「グッドクオリティー賞」を受賞。
・1986年 中国美術館にて出展されていた作品3点が国内美術展示品のコレクションに選ばれる
・1996年~1999年 香港、日本、英国、マレーシア各国にて展示会を行う
・2001年 作品の一つが中国歴史美術館にて収集、展示
・2003年 佳洋陶瓷有限公司社長就任、また景徳鎮の文化交流を広める「景徳鎮国際陶瓷文化交流中心」の会長を務める
・2004年 景徳鎮収蔵協会会長
・2007年 中国陶磁器収蔵ネットサイト顧問委員会副主任


景徳鎮 双鼠吟禾 劉 遠長 作 [景徳鎮インテリア]

ブランド: 景徳鎮
シリーズ: 現代
サイズ: 縦10cm 横23cm 高さ31cm


こちらの作品は、ハンドペイントによるものです。

中国における陶磁器彫刻を代表する作家、「劉遠長」氏による作品です。
「双鼠吟禾」とは、2008年の干支である鼠がつがいを成す姿と、豊作を願う象徴「禾=穀類の苗」が縁起物としてのオブジェとなっています。(劉遠長 直筆の証明書付


景徳鎮 琺瑯彩荷花紋蓋罐 20.5cm [景徳鎮インテリア]

メーカー: 景徳鎮
シリーズ: 清時代
サイズ: 高さ20.5cm


こちらの作品は、ハンドペイントによる清乾隆時代の復刻版です。
琺瑯彩とは清時代の康煕年間の末から、雍正年間を経って、乾隆年間に至るまで、白磁胎は景徳鎮御窯で特製されてから北京の皇宮に運ばれ、皇宮中の工房である内務府において粉砕の技法を用い精巧な絵付けをした技法です。乾隆年間に入ると作風が多彩になり、西洋の題材を技法に取り入れた作品が見られるようになりました。


景徳鎮 礬紅描金雲龍紋天球瓶 D-31(小) 15cm [景徳鎮インテリア]

メーカー: 景徳鎮
シリーズ: 清時代
サイズ: 15cm


こちらの作品は、ハンドペイントによる清の時代の復刻版で、原品は北京故宮博物院収蔵です。


景徳鎮 礬紅描金雲龍紋盤 D0-04 21.5cm [景徳鎮インテリア]

メーカー: 景徳鎮
シリーズ: 清時代
サイズ: 直径21.5cm


こちらの作品は、ハンドペイントによる清の時代の復刻版です。


タグ:景徳鎮

景徳鎮 萬壽連延圖長頸葫蘆瓶 40cm [景徳鎮インテリア]

メーカー: 景徳鎮
シリーズ: 清時代
サイズ: 高さ40cm


こちらの作品は、ハンドペイントによる清乾隆時代の復刻版です。繁栄を極めた乾隆時代に相応しく、絢爛豪華な技法のすべてが表現された収蔵価値有る稀品です。

この「萬壽連延圖長頸葫蘆瓶」のオリジナルは、2010年10月7日、香港サザビー・オークションにて2億5266万香港ドル(約27.5億円)で収蔵家の張永珍 氏に落札され、史上最高記録を更新しました。これをきっかけとして、景徳鎮磁器局の監修のもと中国の一流古磁器専門家6名が集結し、そのオリジナル作品から、生地、形、色などの技法すべてを忠実に復元しました。中国の陶磁制作の技術の高さを表す代表作品として認知されています。


タグ:景徳鎮

景徳鎮 青花龍棒寿紋双耳瓶 D1-383 57.5cm [景徳鎮インテリア]

メーカー: 景徳鎮
シリーズ: 清時代
サイズ: 57.5cm


こちらの作品は、ハンドペイントによる清の時代の復刻版です。


景徳鎮 青花龍蓋花紋梅瓶 C1-35(大) 41cm [景徳鎮インテリア]

メーカー: 景徳鎮
シリーズ: 明時代
サイズ: 高さ41cm


こちらの作品は、ハンドペイントによる明の時代の復刻版で、原品は北京定陵博物館収蔵です。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。